膝痛をヒアルロン酸で解消

膝の痛み、きしみ。。。
年を取るにつれて「階段の下りがきびしい・・・」とか、「椅子から立ち上がろうとすると膝が・・・」という事を聞きます。
別に御爺ちゃん・お婆ちゃんの話しじゃなくて、40代くらいからそのような症状が出る人には出ます。

変形性膝関節症

ヒアルロン酸って骨と骨の関節部分にたくさんあり、骨と骨が稼動する時の潤滑油として作用しています。
しかし、ヒアルロン酸は加齢とともに減少する為、そうなると骨と骨がガシガシぶつかりあるようになってしまい、痛みが走ります。

整形外科などにいくと変形性膝関節症などと言われる症状です。

初期段階では、膝の違和感程度なのですが、症状が進むと膝の周辺が腫れ、熱を持ったり、水がたまり重だるい感覚を持つようになります。

末期症状の場合は、膝関節が変形し、しゃがみ込む動作が出来なくなり、見た目にも膝関節が変形しているのが分かるようになります。

膝痛の治療方法は?

治療方法としては、鍼灸治療などで、膝関節の炎症を取除くことを行うのが一般的です。
鍼灸治療も効くのですが、それと同時に是非ヒアルロン酸を飲んでいただきたいです。

根本的な原因を探れば、関節に保有されていたヒアルロン酸が減少しだした事で、潤滑油を失い、骨と骨がぶつかり合っているのです。

それであれば、ヒアルロン酸のサプリメント等を摂取して、失ったヒアルロン酸を体内に補給してあげる事が出来ます

まとめ

膝の潤滑油であるヒアルロン酸の減少により、膝痛が発生している。
鍼灸治療と同時にヒアルロン酸のサプリメントを飲むことで、治療効果をあげる事が出来る。

このページの先頭へ