豊胸手術の安全性は?

ヒアルロン酸注入による豊胸手術を受ける人が多くなってきています。
誰だってバストアップしたいけど、本当に安全なのだろうか?
胸にシリコンを注入して、胸が変形したり硬化してしまったというトラブルを聞くし・・・
ヒアルロン酸注入による豊胸安全性について確認してみました。

従来型の豊胸手術の種類

豊胸手術というと従来までは、脂肪注入シリコン注入がメインだったと思います。

脂肪注入は、自分の体の他の部分で余っている脂肪(腹や太ももの肉)を胸に移植する方法。
生理食塩水やシリコン注入は、大胸筋や乳腺の下を切開して、バッグを挿入する方法。

いずれも、豊胸手術としてはメインの手法だが、トラブルの話しも後を絶たなかったので、大丈夫だろうか・・・と不安になる気持ちも分かります。

年月が経ち、挿入したシリコンの硬化が始まったり、変形が生じたりするケースもあるようです。
安全あってこその美容・バストアップなので、事前に細心の注意を払ってから判断をしたいものですね。

ヒアルロン酸の豊胸術

ヒアルロン酸による豊胸の場合は、傷跡の心配がなく、数ある豊胸手術の中で一番安全性の高い豊胸方法だと言われています。

「豊胸したいけど入院するのはちょっと・・・」
「自分の体にメスを入れてまで・・・」

と考えていた人達には、ヒアルロン酸による豊胸を考えてみてもいいかもしれませんよ。
ヒアルロン酸による豊胸が人気があるのは、

  • もともと体内に含まれているヒアルロン酸を注入するので安全
  • アレルギーの心配がない
  • メスを使わない注射針による注入の為、傷跡が残らない
  • ヒアルロン酸注入処置は20分前後で終了

以上のような理由で、近年ヒアルロ酸注射を利用した豊胸方法が非常に人気となっています。

まとめ

豊胸手術をする時には安全面の確認を怠らず、後悔しない方法を選択する。
現時点でヒアルロン酸による豊胸安全性が高いと言われている。
理由は、ヒアルロン酸と体の相性が良い事と、注射による豊胸処置が可能であるということ。

このページの先頭へ