化粧水の勘違いは多い

ヒアルロン酸入りの化粧水を使って、潤いを逃がさない弾力のある肌を目指す!!
化粧水は毎日使用するものだからしっかり選んで、長く使える一本を決めてしまいましょう。

化粧水の選び方

通常の化粧水だけだと保湿成分が含まれていません。

だから、化粧水をつけたばかりの時はお肌が潤うけど、しばらくすると肌が乾燥してしまいますよね。
あなたは、乾燥するからまた化粧水をつけるという事を繰り返したりしていませんか?

保湿効果はセラミドとヒアルロン酸

「肌の水分を保つ為に、化粧水をこまめにつける事が大切である。」
という、間違った認識を持っている人は非常に多いのです。

実際のところは、あなたの肌の水分を守っているのは、角質細胞間脂質であり、その中でも一番重要な役割をしているのはセラミド+コラーゲン+ヒアルロン酸なんです。

その為、お肌の保湿の為には、化粧水だけでなく、同時にセラミドやヒアルロン酸を補う必要があるのです。

髪の毛を水洗いした後、自然乾燥させるとバサバサになりますよね。
通常の化粧水だけで、洗顔をするという事は、あなたの顔のお肌はバサバサになっているという事なんです。

化粧水の正しい使い方

化粧水の正しい付け方は、肌質によって違います。

ニキビなどが出来やすいオイリー肌の人はコットンで。
その一方、乾燥肌タイプの人は手で化粧水をつけるのが、肌への刺激が少なくて済みます。

この事だけを押さえておくだけでも、だいぶ違うと思いますが、もう一点アドバイスをすると、パンパン叩き込まないこと!!
これって、化粧水のCMとかの影響もあるのでしょうが、パンパンせずに押さえ込むようにして、化粧水を塗りこんでいってみてください。

まとめ

乾燥しているから化粧水は短絡過ぎる。
化粧水には、セラミド+コラーゲン+ヒアルロン酸が配合されているとベスト。
油性の人はコットン、乾燥肌の人は手で押さえ込むように化粧水を浸透させる。

このページの先頭へ