低分子ヒアルロン酸が必要な理由

ヒアルロン酸を体内に摂取する時は、低分子化しないと取込むことが出来ません。
一般的にヒアルロン酸の分子量を8000以下に押さえないと、人間は吸収できないのです。

低分子ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸を直接肌に塗ったり、サプリメント等を懸命に飲んだりしたとしても、低分子化されたヒアルロン酸でなくては駄目。

本来ヒアルロン酸は体内への吸収がしずらく、20歳をピークに減る一方の成分なので、ヒアルロン酸を体内に取り入れるときも、低分子化して吸収しやすいように工夫してあげる必要があります。

赤ちゃんの肌はプルプル

赤ちゃんの肌がプルプルでみずみずしいのは、体内にヒアルロン酸がたくさん存在しているからです。
赤ちゃんの肌はコラーゲン繊維が細くて隙間がたくさん空いているけど、その隙間を埋めるようにしてヒアルロン酸がたっぷり存在しているのです。

また、角質細胞の隙間を埋める角質細胞間脂質の中にあるセラミドも、たっくさん持っているのです。
セラミドは、お肌の中にある水分の蒸発を防ぐ役割を持っている為、赤ちゃん肌は乾燥しないのです。

まとめ

お肌の曲がり角を過ぎた人(20歳以上)は、ヒアルロン酸が減る。
ヒアルロン酸を補給する時には、低分子化されたヒアルロン酸サプリメント、化粧品を選択する。

このページの先頭へ